2016年9月2日金曜日

〇緑化運動コンクール入賞作品のご紹介とお知らせ

【平成28年用国土緑化運動・育樹運動ポスター原画岩手県コンクール】

 緑化意識の普及を図るため、県内の小中学生及び高校生を対象にポスター原画を募集したところ、小学校11223作品、中学校1692作品、高校37作品、合計322作品の応募がありました。
  岩手県コンクールの審査結果は次のとおりです。

   入選 小学校の部  6作品(最優秀賞1作品、優秀賞5作品)
      中学校の部  4作品(最優秀賞1作品、優秀賞3作品)
      高等学校の部 3作品(優秀賞3作品)
   佳作 小学校の部  10作品
      中学校の部  10作品
      高等学校の部 4作品

 岩手県コンクールの入賞作品13作品を、国土緑化推進機構主催の全国コンクールに推薦したところ、1作品が入選しました。

国土緑化推進機構理事長賞 小学校の部
盛岡市立城北小学校1年
加藤 友悠 ※岩手県コンクール優秀賞

 以下は、岩手県コンクールの入選作品です。今年も10月に平成29年用国土緑化運動・育樹運動ポスター原画岩手県コンクールの審査会が行われます。入賞作品は上記全国コンクールに推薦されるほか、来年2月の本委員会通常総会において表彰が行われます。また、盛岡駅構内において入賞作品の展示も行います(来年予定)。

<小学校の部>

最優秀賞 北上市立江釣子小学校5年
伊藤 亜寿紗
優秀賞 北上市立黒沢尻北小学校4年
小田島 稚奈
優秀賞 二戸市立金田一小学校5年
中村 祐輝
優秀賞 花巻市立太田小学校5年
戸来 和生
優秀賞 北上市立江釣子小学校6年
清水 鈴奈
<中学校の部>
最優秀賞 北上市立北上中学校2年
高畠 優花
優秀賞 滝沢市立滝沢中学校2年
山口 媛加
優秀賞 北上市立北上中学校3年
昆野 汐里
優秀賞 花巻市立花巻北中学校3年
亀井 百華
<高等学校の部>
優秀賞 岩手県立一戸高等学校1年
竹中 裕紀
優秀賞 岩手県立一関工業高等学校1年
小野寺 悠
優秀賞 岩手県立平舘高等学校1年
遠藤 怜菜


2016年8月31日水曜日

〇県民参加のボランティアによる森林整備が実施されました。

826日、八幡平市の岩手県県民の森において、県民参加のボランティアによる森林整備が実施され、林業関係団体など約90名の参加者が参加しました。県民憩いの場である「県民の森」地内でのボランティアによる森林整備を通じて、岩手の豊かな森林を自ら守り後世に引き継ぐことの大切さを発信することを目的として毎年開催されています。

 この日はときおり叩きつけるような雨の中、528日に「岩手県県民の森サクラ植樹祭」において植樹したサクラの苗木11170本に、ノウサギ食害防止用のネットを取り付けました。復興への思いを込めたサクラの苗木が無事冬を越し、来年以降素晴らしい景色を見せてくれることを期待しています。






2016年8月8日月曜日

〇第48回岩手県緑の少年団大会が開催されました。

 728日、29日の2日間、八幡平市「岩手県県民の森」において、第48回岩手県緑の少年団大会が開催されました。(主催:岩手県・八幡平市・岩手県緑の少年団連盟・(一社)岩手県治山林道協会・(公社)岩手県緑化推進委員会)   
今年は県内各地の少年団と育成会のほか、秋田県と福島県の少年団も参加しました。
安定しない天候の中ではありましたが、開会式に先立ち八幡平市立寄木小学校の鼓笛隊の演奏とともに各少年団が紹介されました。開会式終了後は、駐車場に移動し、緑の募金キャラクターのどんぐり君と一緒にゲームをしながら名刺交換を楽しみました。そして、ツツジの植樹活動や木工工作で写真立てを作成しました。宿泊コースの少年団は自分たちで組立てたテントでキャンプし、2日目は七滝まで散策をしました。

参加した少年団員からは、「他の県とかの子と交流できて楽しかった」「七滝まで歩くのは疲れたけど最後までがんばれて良かった」といった声が聞かれました。




2016年7月1日金曜日

〇ふるさとの巨樹・名木観察会が開催されました。

①盛岡・花巻地区【平成28429日】

 講師:樹木医 高村尚武 氏
 参加者数39

 当日はあいにくの天気でしたが、参加者は迫力のある巨樹・名木と講師先生の話に大変興味を持ち観察していた様子でした。「観光本に載っていない巨樹・名木を案内してもらいありがたい」「これを機会に樹木を観察するようになりたい」などの感想がありました。

 毎回盛岡近隣の観察会は申込が多く抽選漏れされた方にはご迷惑をおかけしております。来春も開催が決まりましたら日報等でご案内しますので、興味のある方はご確認ください。
瀧源寺のシダレカツラ

稲荷神社 千本桂

白山杉

走湯神社のケヤキ













































②遠野地区【平成28625日】

 講師:樹木医 高村尚武 氏
 参加者数16

 遠野地区開催でも天気が心配されましたが、なんとか持ち直し問題なく実施することができました。小規模人数で各地を回ったため、余裕を持った観察ができ、講師先生への熱心な質問が相次ぎました。「また次回も参加したい」「住んでいてもわからないことが沢山ありもっと知りたくなった」などの感想がありました。
 県内各地区の巨樹・名木観察会も継続予定ですので、お近くで開催された際はぜひご参加ください。
千年杉
田屋の大杉

2016年6月6日月曜日

〇岩手県県民の森サクラ植樹祭を開催しました。

東日本大震災から5年以上が経過しましたが、被災地では今なお復興のため懸命な取り組みが続いています。震災からの一日も早い復興を願い、復興のシンボルとして「サクラの森」を造るため、県民憩いの場である「岩手県県民の森」に11170本のサクラを植えることとしました。
多くのゴルファーの協力のもと全国各地で緑化運動に取り組んでいる、公益社団法人ゴルフ緑化促進会から寄附して頂いた緑の募金を活用し、528日に「岩手県県民の森サクラ植樹祭」を開催しました。
当日は、内陸からの参加者、沿岸被災地域からの参加者、八幡平市立松尾中学校の生徒、林業関係団体等約260名が2.5mの大苗を植樹しました。植樹後は、八幡平市立柏台小学校の児童による八幡平太鼓の披露もあり、一人一人がサクラの健やかな成長を願いながら聞き入っていました。
 開花時期の異なる様々な種類のサクラに囲まれた県民の森に皆さんもぜひ遊びに来てください。



2016年5月18日水曜日

〇第9回いわての森林の感謝祭を開催しました

 514日(土)に洋野町宿戸漁港で第9回いわての森林の感謝祭を開催しました。
 当日は、緑の募金キャラクターの「どんぐり君」、県の間伐推進キャラクターの「カンバツ君」のほか、わんこ兄弟の「うにっち」や洋野町の「ダイちゃん、マキちゃん」が来場し、植樹祭を盛り上げていました。
 式典では、東日本大震災で被災した海岸防災林の再生のため鳥取県の児童が育てたコナラの苗木を、平井鳥取県知事と鳥取の児童から、達増知事と洋野町の児童に贈呈されました。
 式典後はバス移動し、地元小学生、一般参加者など約500人ほどの参加者により、コナラ1,600本を植樹しました。
 来年は、奥州市で第10回のいわての森林の感謝祭開催が予定されています。




2016年4月20日水曜日

〇「第45回もりおか環境緑花まつり」において緑の募金PRイベントを行います。

 422日(金)から24日(日)の3日間、盛岡城跡公園において、第45回もりおか環境緑花まつり」が開催されます。

 期間中は、花と緑の展示即売会や岩手県産シイタケを使用した「シイタケメロンパン」の販売、チェーンソーアートといった各種イベントや、苗木・花苗やカブト虫の幼虫のプレゼント等様々な催しが行われます。

 岩手県緑化推進委員会では3日間とも参加します。22日は高校生と「緑の募金」の募金活動を行います。
また、23日、24日は「丸太切り体験」や、緑の募金PRキャラクターの「どんぐり君」ぬりえ大会等を行います。腕に自信のある人、のこぎりを触ったことがない人、しっかり補助が付きますのでお子さんもぜひ、何秒で丸太を切れるのか体験しに来てください。当日は本物の「どんぐり君」も応援に駆け付けてくれます。ぜひ皆さん遊びに来てください。

 「第45回もりおか環境緑花まつり」の詳しい内容はこちらです→第45回もりおか環境緑花まつり

第45回もりおか環境緑花まつりチラシ1

チラシ2